読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなたとぼっこ

ライブ帰りの道中で書くぞ。

 

あーた×イナダミホ ツーマンライブ「ひなたぼっこ」に行ってきましたところ。

ライブのレビュー的にblogを書くのは大っ嫌いなんだけど(得意げに評論してなにになるの。どうせありきたりな言葉で褒めるだけしかしないくせに、本人に見てもらって喜んでるだけなのに、気持ち悪い。って思っているので)まあ、気持ち悪いことしますね。

 

イナダミホさんはお子さんがたくさんいらっしゃるかたでそれはそれでうらやましいのだけれども、

歌っていうのはその人の人となりがずばり出るので、すごいそれ。

「大人になったら暗いことを考えなくなる」的なことをおっしゃっていたのだけれども、大人になればなるほどどろっとした暗いものが背中にのしかかってるんだけど、わたし。という気持ち。

イナダミホさんはなんだろな、学生の頃に同級生だったんだけど、その頃はあまり話したことがなくて、後々になってたまたま音楽活動をしているのを知って拝見して、話をしてみたら仲良くなれた!学生の頃も話してたらよかったね!みたいな妙な安心感のある人で。

わけあって共通すぎる話題があっていくらでも話ができるなー、この人。って思ってます。

で、きょうのツーマンではあーたさんの「はなみずき」をカバー。

「はなみずき」はあーたさんの自己紹介ソングだと思っていたので、他の人がカバーするのはなんとも不思議な感じでした。

(あーたさんの話はあとで書くとして)カバーということを置いといてそれを切り替えて聞くと、見えてくる景色がちょっと俯瞰…まで高くはないのだけれどと少しだけふわっと浮いている景色で。

自分のことを歌っているんだけどなんかそれを見守っているように思えて。

「はなみずき」ってあーたさんがわたしはこういう生き方!そしておかあさんありがとう!っていう決意表明でさ、でもイナダさんは既におかあさんなわけでおかあさんありがとう!が自分もおかあさんなってわかったこと!自分の子供にも!みたいなのが産まれてる。歌ってそういうもんだよな、ってしみじみ。

あと「はなみずき」は名曲。


で、あーたさん。

わりとノーツイートな話題もたくさんだったのでカバーの話を軸にします。

イナダミホさんの「オルゴール」をカバー。

何年たってもそばにいて…みたいな歌なのだけれども、あーたさんが歌っていても相手の姿がなんか見えなくて。

イナダさんの場合は相手の人がそばにいて寄り添ってる景色がみえるのに。

決して悪かった、という話をしているのではなくてすごいいい歌だし、あーたさんVer.もよかったんだけど、

イナダさんもあーたさんも多少、お話をさせていただいていて親近感も人となりも少しだけかもだけどインプットされていて、

それと接続した結果がその景色。

MCのノーツイート部分が(…書きたいけど書けないw)この歌を聞く前にあったので、それのせいかなぁw

もうひとつ、イナダさんが「はなみずき」を歌ったのを聞いた気持ちが、あーたさんの言っていた「少し高い目線」ってのがずばり同じでちょっと嬉しくもありました。

あーたさんを推してる理由みたいなのとして、人となりやらセンスやら空気感やらその少しちょっと雑なところとかそういうのが愛おしく思えきてて好きです。

イナダさんが「オルゴール」を作ったときの年齢を聴いてめっちゃ動揺しているときの表情とか「この子、いまめっちゃ動揺してんな…」ってのがわかっておもしろかった。あーたさん、たまにあの顔になる。

 

そんなわけで、もちろんふたりの歌も曲も好きだもんで遊びに行きましたが、

ふたりの人となりも大好きでした。

たのしかったー。

また明後日に。